レーザーでできること④😃

皆さま、こんにちは。

副院長の弘子です☺︎

今日は休診日でしたが、

スタッフ3人と一緒にレーザーの勉強会へ。

スタッフとともに改めて、レーザーの基礎のみならず、応用編なども学んできましたよ。

さて、レーザーでできること④

今回も前回に引き続き、

レーザーって? について書いていきますね。

前回は、

レーザー治療で、

痛みが少なく、回復も早い治療が提供できるとお伝えしましたので、

なんだかレーザーって良さそう・・・と感じていらっしゃると思いますが、

レーザーと聞いても、ピンと来ないですよね。

ですので、レーザーそのものについて書いてみますね。

レーザーってなに?

レーザーは、歯医者さんや病院だけでなく、

皆さまの周りでたくさん使われています。

たとえば、

皆さまがいつも音楽を聴くときに使うCDはレーザーを使って音を出しています。

それから、

商品についているバーコードを読む機械もレーザーが使われているのですよ。

では、

レーザーの光は

太陽や蛍光灯とどこが違うのでしょう

いくつか大きな違いがありますが、

一番の違いは、

レーザーの光は、「平行」に進むということです。

太陽や蛍光灯、懐中電灯の光などは、広がって進みます

それに比べて、レーザー光は「真っ直ぐ(直進)」進みます。

また、レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特徴があります。

わらび歯科医院で使用しているレーザー装置は、例えば、

健康な歯には何も影響せずに、むし歯菌に冒された歯のみを除去することができるなど、大変特殊なレーザーです。

そのため、

「健全で健康な部分」を傷つけることなく、安全に治療することができます。

そんなレーザー治療、ご興味がある方は、どうぞおたずねくださいね。

さて、

今日のセミナーの最後に・・・。

実は、少し前から、痛い歯が・・・。

子供の頃に根っこの治療をした歯でしたが、

最近、疼くようになっていました。

噛みしめる力が強いので、

ヒビが入っている可能性が・・・。

勇気を出して、インストラクターの先生に、

「痛い歯があるのですが・・・」とお伝えしたところ。

急きょ、ライブセミナーに。

患者さんにいつも治療していることを実体験できる機会をいただきました。

麻酔をしないのに、痛くもなく、なんだかほんわり温かい感じがしながら受けた治療。

終わって口の中を見てみて、びっくり。

腫れていたところがきれいに治っていました。

麻酔をしていないので、

治療してもらってからは、痛みが出るどころか、ぐんぐん痛みが引いて、

治療してもらったことも忘れてしまうほどでした。

治療の後に当てたレーザービーム。

恐るべしビーム。

一緒に流しているポイックウィーターからは水素イオンがたっぷり出ています。

治癒を促進させ、痛みを和らげてくれました。

こんな歯になってがっかり・・・と思っていましたが、

こんな歯だから、患者さんと同じ立場に立って、体験できた治療。

「こんな歯」が「ありがたい歯」になった1日でした。

☺︎おまけ☺︎

同じことを見ていても、同じことが起こっても、

そのことを見る見方を変えれば、困ったもの→ありがたいこと・・・に。

少し、考え方、見方を変えれば、どんなこともありがたく思えますね。

明日起きるかもしれない、ちょっとした困ったこと。

受け止めるとき、マイナスに受け止めず、一息おいて受け止めてくださいね。

きっと、何か気づかせてくれる出来事に違いありませんよ。

M100

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です